PARTNERS

企業・自治体のみなさまへ

「走る楽しさ」で、社会課題解決へ。

東京マラソン財団は、少子高齢化、健康寿命の延伸など社会的課題を見据えて、ランニングスポーツを通じた社会貢献を目指しています。その想いから、私たちは、企業・自治体のみなさまと協業し、さまざまなプロジェクトを実現してきました。これからも、「走る楽しさ」を活用し、より多様な取り組みを生み出していきます。新しいライフスタイルの実現、健康都市づくりにご興味のある企業・自治体のご担当者様はぜひお問い合わせください。

  • コラボレーション事例

    • ランニング×地方創生・街づくり:
      茨城県下妻市と協定締結
      2020年1月28日、下妻市が掲げるスポーツ環境デザインにおける教育研究、ランニングと街づくり等の分野において、
      東京マラソン財団との包括連携協定が締結されました。
      東京マラソン財団が協定を地方自治体と締結するのは全国で初めてのケースになります。
      • 目的
        • ・市民の健康づくり、ランニングを通じた街の活性化など、スポーツを軸とした官民連携の取り組みを広げる。

        • ・少子高齢化・人口減少を迎える地方都市の新しい在り方を検討し、スポーツを通じた地域創生のロールモデル構築とナレッジに寄与
          する。

      • 実施内容
        • ・砂沼をはじめとする市の豊かな環境を活用して、文化、教育、健康などの分野で「ランニング×地方創生」の実現にむけた事業を
          行う。

        • ・国が掲げる長期的ビジョンを踏まえ、さまざまな連携を行うことで地方都市の再生モデルケースをつくる。
          例:「砂沼」周辺遊歩道でのランニンングイベントによる首都圏ランナーの集客等

    • スポーツボランティア活動の推進
      笹川スポーツ財団×日本スポーツ
      ボランティアネットワークと協定締結
      2020年1月18日、笹川スポーツ財団(SSF)、日本スポーツボランティアネットワーク(JSVN)とスポーツボランティア活動
      の推進に関する協定を締結しました。
      • 目的
        • スポーツを「支える」やりがいや楽しみを気軽かつ継続的に得ることができるスポーツボランティア文化の醸成。

      • 実施内容
        • ・東京マラソン財団(TMF)、SSF、JSVN の三者において、それぞれの資源を共有し、スポーツボランティア活動に参加しやすい体制づくり、スポーツボランティア文化の醸成のために各団体協働していく

        • ・東京マラソンボランティアでの実績、知見を活かしその他の日本各地の団体とのネットワークを強化し、未来に継承していく。

    • スポーツイベントにおける
      ダイバーシティの促進:
      プライドハウス東京との協定締結
      2019年9月19日、プライドハウス東京と、協定を締結しました。
      • 目的
        • ・東京マラソン実施において、多様なセクシュアリティの参加者に対応した運営を実現する。

        • ・市民参加型スポーツイベントにおける運営ノウハウを蓄積していく。

      • 実施内容
        • マラソン競技の運営やスタッフ・ボランティアの育成、PR 活動、レガシー創出と継承に関する連携を行う。

    • オリンピアン、プロのアスリートから学ぶ
      クリニック&イベント
      埼玉陸協との連携イベント
      埼玉陸上競技協会と東京マラソン財団の連携企画として、オリンピアンやエリート選手、プロのトレーナー、現役実
      業団指導者から学ぶランニングクリニックやイベントを実施しています。
      • 目的
        • ・東京マラソン財団と埼玉陸協の持つリソースやネットワークを活用し、
          人々が健康づくりに取り組む社会を実現する。

        • ・アスリートや現役の指導者からランニングフォームなどを直接学ぶことで正しいスキルや知識を得る。

        • ・キッズ、ジュニアから、マラソン出場を目指す人々まで広く対象にすることでランニングのすそ野を広げる。

      • 実施内容
        • ・オリンピアンから学ぶ 「マラソン完走」するための 正しいウォーキング&ランニング(2019年4月6日(土))

        • ・オリンピアンから学ぶ 「サブ3.5」するための 正しいスピードトレーニング
          (2019年5月11日(土)& 6月22日(土))

          1. 第1回(5月11日開催)
            サブ3.5するために必要な能力を養うトレーニング方法

          2. 第2回(6月22日開催)
            サブ3.5するためのレースプランと調整方法

        • ・~キッズ&ジュニアSPECIAL企画~ (2019年9月21日(土))

          1. ①プロのトレーナーから学ぶ「速く走れるコツ」をつかむキッズかけっこ教室
            対象:5歳~小学3年生

          2. ②400mH元日本代表から学ぶ「より速い走り方」を習得するキッズ陸上教室
            対象:小学4年~6年生

          3. ③プロのトレーナーから学ぶ「より速く走るスキル」を習得するジュニア陸上教室
            対象:中学1年~3年生

        • ・上尾リレーマラソンフェスタ(2019/10/19(土))

          1. ① 親子ラン(1.25km):小学生以下1名と保護者1名のペア

          2. ② 個人ラン(2.5km):中学生以上

          3. ③ 個人ラン(10km):高校生以上

          4. ④ ハーフリレー:小学生以上、1チーム2~5名

        • ・はじめての陸上トラック練~サタデーナイト タイムトライアル~(2019年11月2日(土))

        • ・現役実業団指導者・エリート選手から学ぶ!
          マラソン自己新を目指す市民ランナーのためのマル秘トレーニング。
          (2019年11月10日(日))

        • ・現役実業団指導者・エリート選手と走る!マラソン自己新を目指す市民ランナーのためのタイムトライアル~マラソン大国ケニア
          出身の現役アスリートと一緒に走ろう!~
          (2019年11月10日(日))

    • オリンピアン、プロのアスリートから学ぶ
      クリニック&イベント
      静岡県裾野市との連携イベント
      静岡県裾野市と連携し、現役実業団指導者から学ぶランイベントを実施しています。
      • 目的
        • ・市民の健康づくり、ランニングを通じた街の活性化など、スポーツを軸とした官民連携の取り組みを広げる。

        • ・実業団エリートランナーから直接学ぶことで、マラソンにおけるタイム向上のためのスキルを得る。

      • 実施内容
        • ONE TOKYO スピードプロジェクトキャンプ 2019 ~実業団エリートランナーと走り倒す濃密な 2 日間!準高地マラソン合宿 in 裾野市
          ~(2019年9月7日(土)~8日(日))

    • オリンピアン、プロのアスリートから学ぶ
      クリニック&イベント
      埼玉県朝霞市との連携イベント
      埼玉県朝霞市と連携し、オリンピアン・元トップアスリートから学ぶランイベントを実施しています。
      • 目的
        • ・市民の健康づくり、ランニングを通じた街の活性化など、スポーツを軸とした官民連携の取り組みを広げる。

        • ・オリンピアン、元トップアスリートから理論的なトレーニング方法を学び、実践。

        • ・スポーツ栄養学の視点から、走るために必要なカラダづくり、疲労回復につながる栄養摂取を学ぶ。

      • 実施内容
        • 朝霞市×東京マラソン財団 連携企画:オリンピアン・元トップアスリートから学ぶ!ランナーのための栄養学と目的別レベルアップ
          トレーニング(2019年11月9日(土))

  • 私たちができること

    • マラソン、ランニングクリニックなど
      ランイベントの企画、運営、アドバイス

      東京マラソン運営のノウハウと知見を活かし、
      さまざまなランイベントとのコラボレーションを実現します。

    • テクノロジーを活用した、ランニングを
      楽しむためのツールやプラットフォームの開発

      バーチャルマラソンアプリや、ランナーが集う場づくりなど、
      デジタルでもランニングが楽しめる仕組みを開発します。

    • ボランティア、チャリティ事業の企画、運営

      参加する人自らがまず楽しめる、参加したくなる取り組みで、
      周りの人を幸せにする喜びを広げていきます。

    上記以外にも、個別の課題や環境に合わせたご相談が可能です。

  • お問い合わせ

    daihyo@tokyo42195.org TEL:03-5500-6677 受付時間: 10:00~17:00 
    ※土日、祝日、年末年始を除く
FOLLOW US